鼻づまり リンパ 腫れ

鼻づまりでリンパに腫れが出ることがある!?その原因とは!?

スポンサーリンク

鼻水の症状が強くなってくると鼻づまりの症状が起こる場合があります。
これは鼻水が鼻腔に溜まっていることや鼻の粘膜が炎症を起こすことによって狭くなることによっても起こります。

 

この場合にはリンパの腫れというのは起こるものなのでしょうか??

 

 

リンパというのは免疫機能の役割を果たしていますので腫れるということはウイルスや細菌などの身体に害になるものをやっつけようとしている場合に起こります。

 

鼻水などの症状と共に起きている場合にはアレルギー症状である可能性があります。
リンパ節がアレルギーの元となるアレルゲンに対抗するために身体が戦っている証拠になります。

 

この部分は身体のさまざまな場所にあります。
顎の下、耳の下、鎖骨、首の後ろ側、脇の下、肘、太ももの付け根、お腹周り、膝の裏に存在しています。

 

通常ではアレルギー反応で腫れるということは少ないですがまれに起こることがあるようです。
それ以外にも風邪でも起こる場合があります。

スポンサーリンク

発熱、鼻水、鼻づまり、頭痛、倦怠感などの症状とともに首回り、耳の下のリンパ節が腫れることがあります。

 

緑色の鼻水や頭痛、顔面痛などの症状が出ている場合には副鼻腔炎を発症している可能性もあります。
この場合には耳の下に腫れの症状が出ることが多いです。

 

基本的にリンパに炎症が起きていると感じた場合には自然に治ることがほとんどです。
特に風邪などで起きている場合には心配ないと考えられます。

 

しかし重大な病気が隠れている可能性も否定はできません。
悪性のリンパ腫、咽頭がん、結核などの可能性もゼロではありません。

 

ただし上述したように風邪、虫歯、口内炎などの致命傷には至る可能性が低い病気でも起こる場合があります。
異常が出ていると感じた場合には早めに病院へ行きましょう。

 

長期間の腫れが出ている場合には注意が必要です。
鼻づまりの症状が出ている場合には風邪や副鼻腔炎だと考えられます。

 

風邪の場合には内科、副鼻腔炎の場合には耳鼻科、子どもの場合には小児科へ行きましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)