飲酒 アルコール 鼻づまり 関係

飲酒(アルコール)と鼻づまりの関係とは!?悪化させる原因です。

スポンサーリンク

歓送迎会、年末年始、忘年会、結婚式…お酒を飲む機会というのはたくさんあります。
楽しくてついつい飲み過ぎてしまうなんてこともあると思います。

 

その場合には当日、もしくは次の日、頭痛や嘔吐、吐き気などの症状に見舞われますよね。

 

アレルギー性鼻炎や風邪などに代表される鼻づまりの症状はアルコールによって悪化することがあるのでしょうか??

 

 

どのような影響や関係があるのかについてお話していきましょう。

 

鼻づまりというのは鼻水が鼻腔に溜まる、鼻の粘膜の空気の通り道に炎症が起きて腫れることが原因となっておきます。
飲酒することによってさまざまな影響があります。

 

まず血管の拡張作用です。
二日酔いで頭痛が起こる原因の一つで、血管拡張作用があることによって炎症が起きている部分の血流が良くなり、さらに悪化してしまうことがあります。
これは怪我などにも言えることです。

 

次にアルコールの性質には副交感神経を活発化させます。
これにはリラックス効果や血行促進効果があると言われています。

スポンサーリンク

これは副交感神経に傾くことによって血流が良くなってしまいますので鼻づまりを悪化させる原因となります。

 

上記のリラックス効果などは適量を飲む場合であって飲み過ぎてしまった場合には悪影響を及ぼしますので注意しましょう。
この場合には元々鼻が詰まっている場合に起こりますが、鼻の中に異常が出ていない場合には起こらないこともあります。

 

また花粉症やアレルギー性鼻炎の薬を服用している場合には飲酒することによって副作用が出てしまうことがあります。
特にお酒を飲んでいる場合にはアルコールの分解を肝臓が優先してしまうため、薬の効果が強く出てしまうことがあります。

 

その場合には副作用も強く出てしまいます。
これは他の薬にも言えることですので覚えておきましょう。

 

このように鼻づまりと飲酒の関係というのは非常によくありません。

 

これを防ぐためにはお酒を飲み過ぎないということが大切です。
また薬とアルコールの飲み合わせはよくありませんので避けましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)