鼻づまり 頭痛 微熱

鼻づまりと共に頭痛、微熱の症状…その原因とは!?

スポンサーリンク

鼻づまりというのはさまざまな病気で出る症状です。
鼻水が出てる症状のある病気、例えば風邪の場合には熱が出て鼻水が出るという症状が出ると思います。
そのあとに悪寒や鼻づまりなどが現れますので風邪だと気付くことが出来ます。

 

鼻が詰まっているのと同時に頭痛や微熱の症状が出る場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか??

 

上述したように代表的なものは「風邪」になります。
風邪というのはウイルスに感染することによって起こりますが、その初期には鼻水、鼻づまり、喉の痛み、くしゃみ、咳などが起こります。

 

感染してからの時間が長くなっていくと徐々に発熱や頭痛なども起こり始めます。
特に風邪の場合の頭痛というのは脈に合わせたドクン、ドクンと脈打つように頭が痛くなることが特徴となります。
これは身体の防衛反応です。

 

免疫細胞である白血球を活性化させるために血管を膨張させます。
膨張した血管が神経を刺激しますので、このような頭の痛みになります。

スポンサーリンク

微熱というのは高熱とは少し違います。
例えば平熱が36度の場合には一度上がると37度になりますので微熱の症状と言えます。

 

しかし2度上がってしまうと38度になりますので高熱と言えるでしょう。
およそ平熱から1度ほど上がったら微熱と考えましょう。

 

頭痛を伴い、さらに鼻水や鼻づまりが起こっている場合には副鼻腔炎(蓄膿症)も疑われます。
鼻の鼻腔に炎症を起こす病気が副鼻腔炎です。

 

他には慢性疲労症候群の疑いもあります。
特に女性が多いと言われていますが男性が発症する場合もあります。

 

ストレスや疲労を抱えていると感じる場合には、上記のような症状が出る場合もあります。
身体をゆっくりと休める必要があります。

 

髄膜炎の可能性もあります。
髄膜というのは頭の脳と頭蓋骨の間にある膜のことで、ウイルスや細菌に感染することによって炎症が起こる病気です。

 

鼻づまりを中心として考えるのであれば副鼻腔炎と考えるのが一番かもしれません。
しかし症状が続いている場合には悪化しないように早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)