鼻づまり 咳 子供 耳鼻科

子どもが鼻づまりと咳の症状!耳鼻科?小児科?どっち??

スポンサーリンク

子供が風邪などの病気を発症すると出る症状にはさまざまなものがあります。

 

鼻づまりや咳の症状が出ている場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか??

 

 

鼻が詰まっているということは鼻に異常が出ていると考えられます。

 

代表的な病気としては風邪、アレルギー性鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)などの可能性が挙げられます。
風邪は発熱を伴う場合もありますので体温を測れば熱が出ているとわかります。
通常では鼻水よりも先に熱が出て悪寒がしてから鼻水が出てきます。

 

鼻づまりというのは鼻の中の粘膜が腫れることによって鼻が通らないために起こってしまうというものです。

 

他にも倦怠感や、食欲不振、頭痛、痰、咳などの症状も出ますので自分自身の経験からも風邪と推測できると思います。
これらの症状というのは身体を守るための防衛反応として出ます。

 

体温を上げることによってウイルスや細菌を排除しようとしたり、鼻水によっても同様のことが言えます。
咳の場合も同様です。

スポンサーリンク

呼吸をしているときに空気中の埃、ハウスダスト、ウイルスや細菌などを空気と共に吸い込んでしまうことによって起こります。
上述した病気の他にも呼吸器感染症、副鼻腔炎(蓄膿症)、気管支喘息などの可能性も考えられます。

 

特に子どもの場合には大人に比べると咳が出やすくなっています。
これは気道の抵抗力というのが低いために起こります。

 

気道の抵抗力が低いということは炎症を起こしやすくなっていますので、炎症を起こし過敏になっていますので少しの埃などを吸い込んでも出てしまいます。
特に夜になると副交感神経が活発になりますので気管支は緩み、痰が絡みやすくなっていますので痰が出にくくなります。
大人に比べると子どもは痰を多く作りますので咳が出てしまうことになります。

 

この場合には小児科を受診しましょう。
場合にもよりますが鼻の異常が疑われる場合には耳鼻科でも大丈夫です。
耳鼻科というのは耳、鼻、喉の専門的な知識や設備を持っています。

 

「小児科は幅広い病気に対応できる」
「耳鼻科は耳、喉、鼻の専門」

 

これを覚えておけば病院を選ぶ際にも迷うことはないでしょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)