鼻づまり 話しにくい 改善

鼻づまりが原因で話しにくい!鼻声の改善方法!

スポンサーリンク

鼻づまりが慢性化している場合には鼻声になり、話しにくい状態になってしまうことがあります。

 

鼻声というのは息が鼻から抜けなくなってしまうことによって起こります。
慢性的に鼻が詰まっている場合には鼻に息を通さないで話すことが習慣になっている可能性があります。

 

この場合の改善方法についてお話していきましょう。

 

鼻声というのはマ行の発音がバ行になり、ナ行の発音がダ行に近い音で発音されます。
この状態で発音されますので話しにくいと感じることがありますし、聞き手としても聞きづらいと感じることがあります。

 

この状態になってしまう主な原因というのは鼻づまりです。
それを改善することによって鼻声が治ると言えます。

 

しかし慢性的に鼻声になってしまうこともあります。
それは鼻の形が変形していたり、鼻の中にポリープなどが出来ても鼻腔をふさいでしまう原因がある場合には鼻が詰まってしまうこともあります。

 

アレルギー性鼻炎などを持っている場合には、鼻炎が原因となり鼻の中の粘膜が腫れてしまうことによって起こります。

スポンサーリンク

鼻炎などが原因となって鼻水が出ることによって鼻の粘膜に腫れが出来てしまい鼻腔をふさいでしまったり、狭くなってしまうことによって鼻づまりが起きてしまいます。
そのため鼻声となり話しにくい原因となります。

 

基本的に病気が原因となっている場合には、根本的な治療が必要になることがほとんどです。
自分がアレルギー性鼻炎だとわかっている場合には治療をすることによって改善しますし、なんの病気かわからない場合には耳鼻科、もしくは内科で相談するようにしましょう。

 

病気が原因でない場合に鼻声になってしまう改善方法は舌の筋肉を鍛えることです。
これは口から舌を出して前に伸ばし10秒保ち、さらに鼻のほうへまげて伸ばして10秒保ちましょう。
これを繰り返すことによって舌の筋肉が鍛えられます。

 

単に鼻づまりであればツボを刺激する、鼻を温める、鼻うがいをするなどの方法で改善を促せます。
これらのことを試しても治らない場合には耳鼻科へ行き医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)