鼻づまり 息苦しい 動悸

「鼻づまり、息苦しい、動悸」3つの症状!考えられる原因と対処法

スポンサーリンク

鼻水というのは鼻腺や杯細胞から分泌された粘液、鼻の中の血管から出てくる液体、埃などが合わさることによって出てきます。
鼻づまりというのは鼻水によって鼻粘膜や鼻水が通る場所が狭くなってしまうことによって起こります。

 

例えばアレルギー性鼻炎の場合には何らかのアレルゲンが原因となって鼻水が出ますが、鼻水が溜まっているわけではなく、鼻の中の粘膜に腫れなどが起こることによって起こります。
しかし鼻が詰まってしまうということは鼻呼吸が出来なくなってしまいます。

 

これが原因となって動悸が起こることがあるのでしょうか??

 

基本的には一過性(一時的)なものであれば気にする必要もないかもしれません。

 

鼻づまりを解消する方法を紹介しますので試してみてください。
対処方法ははいくつか存在します。

 

蒸しタオルで鼻を温めましょう。
鼻を温めることによって鼻の通りを良くします。

 

横になる場合には詰まっている鼻を上にして横になりましょう。
これは横になることで脇の下の自律神経を刺激します。

スポンサーリンク

有名なペットボトル解消法と同様の効果を狙っています。
ペットボトル解消法というのはペットボトルを脇の下に挟むことによって自律神経を刺激するというものです。
テレビでも紹介され非常に有名になった方法です。

 

他には鼻をつまんで息を止める方法があります。
これも有名ですが、息を止めることによって脳から酸素を多く取り込むように鼻腔を広げるという信号が出ます。
その信号を受け取り鼻は血管を細くし粘膜の腫れが引くと言われています。

 

これらのことを試してみても鼻づまりが改善しない、または息苦しい、動悸の症状が長期間続いているようであれば病院を受診しましょう。

 

鼻の異常の場合には耳鼻科、循環器系であれば循環器系内科、呼吸であれば呼吸内科、それぞれ症状にあった科を受診しましょう。
わからない場合には基本的に内科で大丈夫ですが、大きな病院には色々な科が入っていますので、総合病院などの大きな病院がおすすめです。

 

鼻づまり、息苦しい、動悸の症状だけでは確定的な診断はできないかもしれません。
詳しい検査が必要になる場合もあります。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)