鼻づまり 耳 聞こえにくい 原因

鼻づまりによって耳が聞こえにくい原因とは!?

スポンサーリンク

鼻づまりによって耳が聞こえにくくなるということがあります。

 

その原因というのはさまざまです。
例えば風邪をひいた場合には鼻水が出ると思いますが、これはウイルスを外へと排出しようとする防衛反応によって起こります。

 

鼻水が大量に出てしまうと鼻腔に溜まってしまったり、鼻と耳がつなっている耳管に近くに炎症が起こってしまうことによって耳管が狭くなったり、塞がれてしまうことが原因となります。
狭くなってしまうことによって耳の中の空気圧と外の空気圧が異なることによって耳が聞こえにくい症状がでることがあります。

 

これは山に登ったり飛行機に乗っているときと同様で、気圧の変化によって起こるものです。
風邪などの病気がきっかけとなって起こっている場合にはこのようなことが考えられます。

 

そのため治療方法というのは風邪を根本的に治す必要があります。

 

ただしきっかけが何であったとしても基本的には自然に治ることがほとんどです。
しかし長期間症状が改善しない場合には注意が必要です。

スポンサーリンク

この場合には中耳炎や耳管狭窄症などの病気が疑われますので注意しましょう。
中耳炎というのは子どもがなる可能性が多いですが大人になっても発症する可能性はゼロではありません。

 

これは中耳と呼ばれる鼓膜の内側にある器官で、ここに炎症が起こることによって起こります。
鼻水が耳に到達してしまうことによって中耳に入ってしまい炎症を起こしてしまうことがあります。

 

特に風邪などの場合には鼻水などの粘液にウイルスや細菌が入ってしまうこともありますので特に注意が必要です。

 

耳管狭窄症というのは頻繁に鼻水をかむことによっても起こります。
鼻をかむさいに耳に圧力がかかり、炎症を起こしてしまうという病気です。

 

これらの場合には病院での治療が必要となりますので早めに病院を受診しましょう。
鼻詰まりが原因となって聞こえにくい状態になることはこれらのことが考えられます。

 

そのためできる限り鼻の詰まりを改善することが大切です。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)