鼻づまり 薬 ムコダイン

鼻づまりの薬「ムコダイン」作用と副作用について

スポンサーリンク

風邪や副鼻腔炎を発症した際に病院で処方される薬の一つに「ムコダイン」があります。
主に痰を取るために使用されるものです。

 

ムコダインの作用や副作用についてお話していきましょう。

 

 

上述したように辛い鼻水や副鼻腔炎(蓄膿症)、後鼻漏などの治療に用いられます。
その作用には痰や鼻水の粘りを和らげる効果を期待できます。

 

鼻水や痰というのは気道の粘膜から出ている膿になりますので、粘りがあると喉に絡まって不快感が出てしまいます。
また鼻水は鼻づまりの原因となりますので、この作用によって鼻水の粘りが和らげられます。

 

他にも鼻粘膜や副鼻腔粘膜、気管支粘膜などの粘膜を正常に戻す作用もあります。
鼻水や鼻詰まりなどが続いてしまうと粘膜が荒れていますので抵抗力がさがります。

 

口呼吸が続いてしまうと喉が乾燥してウイルスや細菌が侵入しやすくなるうえに粘膜が荒れてしまうことによってさらに侵入しやすくなります。
そのため上記のような作用は必要な処置であると言えます。

スポンサーリンク

このように大きく分けると2つの効果です。

 

去痰効果…痰や鼻水の粘りを和らげ、痰の切れを良くする
膿を出しやすくする効果…粘膜から出る膿、すなわち痰や鼻水などを出しやすくします。

 

膿を出してくれますので副鼻腔炎で副鼻腔に溜まってしまった膿も外へと排出しやすくなります。
副鼻腔炎で荒れてしまった粘膜を修復するとともに膿も外へと排出します。

 

滲出性中耳炎にも効果があると言われています。
中耳に滲出液という液が溜まってしまうことによって発症しますので耳の粘膜線毛輸送の機能を改善する効果も期待できます。
耳の粘膜においても作用が期待できます。

 

このように有効な薬ですが副作用は必ずあります。
基本的に幅広い年齢に使用されている安全性の高い薬と言われていますが以下のような副作用があります。

 

身体のだるさ、吐き気、発熱、食欲不振、喉の痛み、蕁麻疹、発赤、血圧低下などの副作用があると言われています。
特に多いと言われているのは食欲不振、下痢、腹痛、発疹などです。

 

妊娠、肝障害、心臓疾患などの場合には服用には注意することが必要です。
薬というのは便利でありながらも副作用も伴います。
そのことを十分に理化したうえで医師の指導の元で用法用量を守り使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)