鼻づまり 食べ物 味しない

鼻づまりで食べ物の味がしない原因とは!?

スポンサーリンク

風邪や鼻炎などの代表的な症状には鼻水がありますが、多く分泌されてしまうことによって鼻づまりが起きてしまうことがあります。

 

鼻でも息を吸うことが出来なくなってしまいますので息苦しいと感じることもあると思います。
特に風邪の場合には鼻呼吸をすることは大切です。

 

口呼吸のみになってしまうと喉が乾燥してしまいます。
これは鼻呼吸によって加湿、加温などを行い、喉が渇いてしまうことを防いでいます。

 

喉が乾燥してしまうと風邪にかかりやすくなる原因となりますので鼻が詰まっている場合には解消することが重要になります。

 

また鼻づまりが起こると食べ物の味がしないことがあります。
これは嫌いなものを食べるときに鼻をつまんで食べるという場面をイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

人間が味覚を感じるというのは目、鼻、口、耳などさまざまな器官を使って味を確かめています。
鼻が詰まっているということは匂いを感じれなくなっています。
これによって味がわからなくなる原因となります。

スポンサーリンク

確かに舌でも味につして判断している部分もありますが、匂いも味を感じるという部分では大事なものになります。
これは人間が進化する過程で匂いで腐っているか、食べられるかなどを判断してきたので、鼻によって味覚を判断することが大事なのだと言われています。

 

鼻で味を判断する細胞と口で味覚を判断する細胞というのは鼻のほうが多くなっています。
このように味を判断するのには嗅覚というのは重要です。
そのため鼻づまりになると食べ物の味がしないということになります。

 

特に上述したように口呼吸のみだと喉が乾燥してしまいます。
口の中が乾燥するということは舌にある味蕾(みらい)と呼ばれる味を感じる器官にも異常が出てしまうと考えられます。

 

嗅覚によって食べ物の匂いを嗅ぐとお腹が空くように匂いというのは重要な要素になっています。
そのため匂いがわからないと食欲不振にも陥ってしまうこともあります。

 

これらことから嗅覚というのが重要な要素になっていることがわかりますので、鼻詰まりを解消しましょう。
ただし間違った方法で行うと危険となる場合もありますので正しい方法で行いましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)