風邪 鼻づまり 耳詰まり 対処

風邪で鼻づまり、耳詰まりの症状…おすすめの対処方法4選

スポンサーリンク

風邪というのはウイルスに感染することによって発症します。
その症状は発熱や鼻水などが起こりますが、これらの症状というのはウイルスを外へ排出しようとする防衛反応によって起こります。

 

特に鼻や口から入ってきますので、鼻の粘膜がウイルスによって刺激を受けます。
そのため鼻の粘膜が炎症を起こして鼻水が出る原因となり、鼻づまりが起こります。

 

鼻水の色は引き初めだと透明でサラサラした状態であることが多く、徐々に黄緑色っぽくなります。
これはウイルスや白血球の死骸が混ざっているためこのような色になります。

 

鼻詰まりが起こると耳詰まりの症状が同時に出ることがあります。
これは耳と鼻がつないでいる耳管の近くに炎症が起こっていると考えられます。

 

炎症が起こることによって腫れが起こり耳管が狭くなってしまいますので耳の中と外の気圧を保てなくなってしまうことによって起こります。
飛行機や山に乗る時に気圧の変化によって耳が詰まった感じになることがあります。

スポンサーリンク

この状態と同様に外的な変化ではなく内的な変化によって起こっている耳詰まりです。
また耳管を通じて鼻水などの粘液が耳に入ってしまい、空気が通らなくなってしまうことによっても起こります。

 

この耳詰まりの対処方法を紹介していきましょう。

 

まずは鼻づまりを改善することが大切です。
飛行機や山登りの場合と同様に唾を飲み込んだり口と鼻を押さえて空気を逃がすという方法で改善することもあります。
しかしそれでも改善しない場合こともあるかと思います。

 

鼻を温めてみましょう。
鼻を温めることによって鼻の通りがよくなる期待ができます。

 

ツボを押すことも効果が期待できます。
この場合には迎香と呼ばれる小鼻の脇にあるツボを押すことによって解消しやすくなります。

 

鼻うがいをすることでも解消することがあります。
しかし間違った方法で行うと危険な場合もありますので注意しましょう。

 

鼻をかむ時には片方ずつ、優しく行うことを心がけましょう。

 

風邪が原因と分かっている場合には、病院へ行き治すことが一番の対処方法です。
鼻づまり、耳詰まりの症状がある場合には医師に伝えて処方箋をもらいましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)