鼻づまり 耳 こもる

鼻づまりで耳がこもる原因と対処方法について

スポンサーリンク

鼻づまりというのはアレルギー性鼻炎や風邪をひいたときなどさまざまな状態で起こりうる状態です。
この状態になってしまうと耳がこもることがありませんか?

 

これは耳と鼻というのはつながっていますが鼓膜に鼻水が溜まってしまうなどのことが起こることが原因となります。
耳と鼻は耳管でつながっており、鼻水が止まらずに鼻をかんでいるとこのような状態になることがあります。

 

勢いよく鼻をかんでしまうと鼻水などの粘液が耳に到達することによって起こります。
基本的に鼓膜に溜まってしまった粘膜というのは自然に排出されます。

 

鼻をかむ時には優しく片方ずつ少しずつ鼻をかむことが大切です。
放っておけば自然に治っていきますが、症状が改善れずに何日も続いてしまう場合には注意が必要です。

 

耳がこもること自体はよくあることだと思いますが、持続的に起こってしまうと中耳炎などの病気を発症することもありますので注意しましょう。
中耳炎というのは通常では細菌に感染することによって起こりますが、この場合には滲出性中耳炎です。

スポンサーリンク

滲出性中耳炎というのは鼓膜の奥にある中耳腔という空気が溜まる部分に液体が溜まることによって起こる中耳炎です。
中耳というのは耳管によって鼻の奥とつながっています。

 

例えば山に登っているときに耳がつまる感じがすると思いますが、空気を出そうとすると耳に空気が通るのがわかると思います。
しかし液体が溜まってしまうことにことによって外からの音を中へと通しにくくなってしまいます。
そのため音がこもることがあります。
この場合には聞こえにくくなってしまうこともありますので早めの治療が必要になります。

 

そのほかにも耳管狭窄症の可能性も考えられます。
上述したように耳と鼻というのは耳管でつながっていますが、この管が狭窄(狭まってしまったり塞がってしまう)してしまうと軽い難聴や滲出性中耳炎が起こることもあります。

 

症状が悪化してしまうと切開して膿などの液体を出すこともありますので注意しましょう。

 

このように耳がこもる原因とさらには悪化してしまうと悪影響を与えてしまうこともありますので長く続く場合には病院へ行きましょう。
鼻づまりを解消することによっても起こりにくくなりますので改善していきましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)