鼻づまり 耳抜き 方法

鼻づまりの場合の耳抜き方法!無理に行うのは危険??

スポンサーリンク

鼻と耳と口というのはつながっていますので鼻づまりの症状が出た場合には他の場所に異常が出ることがあります。

 

今回は耳についてお話していきましょう。

 

鼻が詰まってしまうと耳が聞こえにくくなってしまうという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

その原因というのは空気圧の変化にあります。
鼓膜の中の空気圧が鼓膜の外側よりも下がってしまうことによって起こるものです。
山に登っているときや飛行機に乗っているときなどに起こるもので、唾液を飲み込んだり鼻と口をふさぐことで解消されることがあります。

 

鼻詰まりが原因となって起こる場合には鼻水などの粘液が耳に行ってしまうことがあります。
鼻と耳をつないでいるのは耳管ですが、この部分が塞がれてしまいます。

 

そうなってしまうと中耳に空気を送れずに中耳の中の空気圧が低下してしまうことになりますので耳がこもったりふさがれたような感覚になります。
どちらにしても耳抜きをする必要があります。

スポンサーリンク

自然に治ることもありますが、前者のように外的なことによって起こる空気圧の変化の場合には問題ありませんが、鼻づまりの場合には注意が必要です。
風邪などによって鼻水が止まらない場合には耳抜きが難しくなってしまいます。

 

しかし耳に違和感が起こっていますので解消方法についても紹介していきましょう。

 

まずは鼻水を解消させることが大切です。
風邪をひいていれば風邪の治療を行うことが一番の解決方法です。

 

鼻をかむ際には優しく行いましょう。
チーンと目いっぱいかんでしまいたくなるのを我慢して力をいれずにかむようにしましょう。
中耳の中の空気が逃げてしまうことがあり、空気圧が急激に変化してしまうことがあります。

 

また鼻をすする場合には同様です。
すすられた鼻水は喉のほうへ流れる感覚があると思いますが一緒に空気が抜けてしまうことがあります。
この場合にも空気圧の変化によって耳に違和感が生じています。

 

耳抜きというのは外と中の気圧を一定にすることが大切です。

 

しかし痛みがある場合に無理に行うと危険な場合もあります。
中耳炎などの病気を発症していることもありますので痛みがある、症状が続いている場合には病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)