鼻づまり 解消法 原因 ツボ 対処

鼻づまりの原因や解消法、対処、ツボなどについて解説します。

鼻づまりになってしまうと息苦しい、眠れない…辛い状態になってしまうことがあると思います!
他にいろいろな症状が出ていれば病院へ行くのですが…。
アレルギー性鼻炎などの鼻水が出る病気を持っている場合には特に起こりやすい症状です。

 

このサイトでは基本的な知識から解消、対処方法など、色々なことについて詳しく解説しています。
ぜひ他のページもご覧ください。

 

まずは概要についてお話していきましょう!

スポンサーリンク

【なぜ鼻呼吸をするのか!?】
鼻が詰まってしまうと鼻で呼吸が出来なくなってしまいます。
口呼吸だけになってしまうと息苦しいだけでなく、喉が乾燥してしまいます。
鼻呼吸によって喉、気管、肺などを乾燥から守り、加湿や加温をする働きがあります。

 

口呼吸のみで喉が乾燥してしまうとウイルスに感染しやすくなるだけでなく、喉や気管を傷める場合もあります。
また脳の底にある頭蓋底と呼ばれる部分を冷やす役目もあります。
これはボーっとするようになったり、いびきがひどくなることもありますので睡眠の質がさがってしまう結果につながります。

 

【鼻が詰まる原因】
考えられる原因というのは大きく分けると2種類あります。

 

「鼻の中の粘膜の腫れ」
鼻づまりになる原因には鼻水が関係しています。
鼻水というのはウイルスやアレルゲンが鼻の中に侵入してくることによって起こります。
鼻から粘液が出して外に排除しようとする防衛反応になります。
この状態になると鼻の毛細血管が拡張されますので鼻の粘膜が腫れることがあります。
鼻の中に腫れが起こりますので、空気の通る道が狭くなるために鼻が詰まります。
鼻水自体が鼻腔に溜まることによって起こる場合もありますが、ほとんどの場合は上記のことが原因で起こります。

 

「鼻の構造によるもの」
鼻中隔わん曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)
鼻中隔というのは左右の鼻を分けている間の壁のことです。
幼少期はまっすぐに伸びているものが大人になるにつれて変形してしまうことがあります。
そのため片方が詰まってしまうことが多くなります。

 

鼻茸(はなたけ)
鼻茸というのは鼻に出来る良性のポリープです。
茸と名がつけられているようにキノコのような形をしています。
鼻茸が空気の通り道を塞いでしまうことによって鼻が詰まることがあります。

 

このようなことが主な原因となっていますが病気が原因となって起こる場合もあります。
風邪やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などの病気がきっかけとなって起こることがありますので、その場合には病院を受診しましょう。

 

【対処】
鼻づまりを改善するには上述した原因を取り除くことが一番です。
風邪などのウイルスが理由の場合にはウイルスを体外に排出するために鼻水を出しますので無理に止めると治りが遅くなる場合もあります。
そのため薬などで無理に止めることは避けましょう。

 

アレルギー症状として出ている場合にもアレルゲンを体外に排出するために鼻水を出します。
風邪の場合と同様ですが、こちらはアレルギー反応を抑えることによって対処することが出来ます。
アレルギーの場合には基本的にアレルゲンが身体の中に侵入することを防止することが一番の対策です。

 

花粉症の場合にはマスクを付ける、ハウスダストアレルギーの場合には部屋を掃除することを心がけましょう。
花粉というのは水分を含むと散りにくくなりますので部屋の湿度を50〜60%にしておきましょう。
一定にすることで部屋の中で飛散することを防げます。

 

また家の中のハウスダストというのは布製品から出る綿ぼこりが割合の多くを含んでいます。
埃を出さないようにする為には衣類などの布製品をクローゼットなどにしまっておくと埃が出ないようになります。

スポンサーリンク

【解消法】
「鼻を温めましょう」
蒸しタオルなどで鼻を直接温めましょう。
コンビニで買えるホッカイロを使用してもいいかもしれません。
鼻を温めることで血行が良くなり鼻の通りが良くなります。

 

「温かい飲み物や麺類が効果的」
ラーメンをすすって食べると鼻水が出てきませんか??
それと同様の効果を狙いラーメンなどの麺類を食べる、温かい飲み物を飲むことによって改善する期待が出来ます。

 

「ペットボトルを脇の下へ挟む」
500mlのペットッボトルを用意しましょう。
それを脇の下に挟むだけです。
ただそれだけのことなのに、およそ1分程待つと挟んだ脇の下とは逆の鼻の通りが良くなっていると思います。
これは脇の下にある交感神経を刺激します。

 

「詰まりの解消を促す食べ物」
体を温める効果…生姜、ネギなど
抗ヒスタミン作用…大根、はちみつ、キウイ、らっきょうなど
粘膜を保護する…ビタミンA:うなぎ、ニンジン、カボチャなど
他にもしそ、ヨーグルト、青魚、トマトなども効果があると言われていますので試してみてください。

 

【鼻づまりに効くツボ】
鼻が詰まっている場合のオススメのツボは3つあります。

 

「晴明」(せいめい)
目頭と鼻の上の付け根の骨の間にあります。

 

「迎香」(げいこう)
小鼻の両側左右にあります。

 

「鼻通」(びつう)
鼻の真ん中の左右、迎香の少し上にあるくぼみです。

 

これらは鼻の周りにありますので鼻水、鼻づまりなどに効果があると言われていますので試してみましょう。

 

【病院は何科へ行けばいい??】
基本的には内科でも大丈夫ですが、鼻、喉、耳を専門としているのは耳鼻科です。
大人の場合には耳鼻科、子どもの場合には幅広く対応できる小児科へ行きましょう。

 

【まとめ】
鼻が詰まるということは何らかの異常が出ている身体のサインです。

 

ウイルスなどが原因となっている場合には鼻水は無理に止めない
アレルギー症状の場合にはアレルゲンを防止、アレルギー反応を抑える

 

この二つが最も大切になります。
症状がひどい場合には副鼻腔炎、蓄膿症などの病気の疑いもありますので早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

鼻づまり、鼻水、くしゃみの悩みは【お茶】で解決!

鼻づまりに悩んでいるなら「えぞ式すーすー茶」がオススメ。 薬を飲むと眠くなることがあります。これは薬の強い副作用によって起こります。 薬に頼ってしまうと肝臓にも負担となってしまいます。 鼻づまりや鼻水、くしゃみに悩んでいるなら副作用のない「お茶」が安心です。 全額返金保証がありますので自分に合わないと感じたら返品すれば大丈夫です。 えぞ式すーすー茶の公式サイトはこちらから ※いきなりインパクトのある画像が出てきますので「ソーっと」開いてください(^▽^;)